| ホーム |
読書24 ルーズヴェルト・ゲーム
2013 / 11 / 21 ( Thu )
○題名「ルーズヴェルト・ゲーム」
○著者 池井戸 潤
読書24

男気溢れる小説です。
会社経営と社会人野球チームの先行きが絡み合いながら、物語は進行していきます。

野球で一番面白いと言われているスコアは「八対七」だと、野球を愛したルーズヴェルト大統領の逸話が紹介されます。
このことが起源となり、「ルーズヴェルト・ゲーム」と呼ばれるようになったのだとか。

まさに「八対七」、初回の点差に追いつき、終盤に逆転する、読みながらワクワクする小説です。

~九州ガス・コミュニティレディ(by ひまわり)~
08 : 28 : 56 | コミュニティレディのほっとカフェ | コメント(0) | page top
<<元シェフ・ママのおうちごはん29 イタリアワインの新酒とごはん | ホーム | 元シェフ・ママのおうちごはん28 京都のいなか鶏>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |