| ホーム |
天然ガスってなぁに
2013 / 09 / 02 ( Mon )
8月のコミュニティレディの会は、「天然ガス」をテーマに津久葉工場見学を行いました。
九州ガスのお客さまがご家庭で利用のガスは、マレーシアから輸入された天然ガス。
LNGタンカーで海を渡って長崎まで届けられます。

長崎市小江にある1次基地から津久葉工場までは、LNG(液化天然ガス)タンクローリー車で運ばれます。
天然ガスって1

↓タンクローリー車から貯蔵タンクへLNGを移送中。
もくもく、皆さんが熱い湯気に囲まれているようですが・・・
天然ガスって2

実は、ひんやり。冷気の中にいます。

天然ガスは、―162度まで温度を下げると、体積が600分の1まで小さくなるのです。
遠い外国から1度に沢山の天然ガスを運ぶため、気体から液化天然ガスに形を変えて運ばれてきます。

そして、工場施設内でまた気体に戻され、皆さんのお宅へと地中に埋設されたガス管を通ってガスが届けられます。
そう、工場と皆さんのお宅はガス管でつながっている!

↓天然ガスをエネルギーとして走る、NGV自動車の排気を嗅いでいただきました。
天然ガスって3

「え?何のニオイもしない!」

そう、天然ガスは無臭。
ガス臭いあのニオイは、工場で付臭しているのです。

ちなみに、天然ガスは無色。
↓ガラスビンの中の液体が、液化天然ガス。
天然ガスって4

炎にガラスの板をかざしてみます。
炭素を含まないので、燃やしてもすすがつきません。
燃焼時の二酸化炭素や窒素酸化物の排出が他の化石燃料よりも少なく、大気汚染や酸性雨などの原因となる硫黄酸化物の排出はゼロ。
化石燃料の中で最もクリーン性が高い天然ガスは、有効なエネルギー源として注目されています。
現在確認されている埋蔵量から、約60年可採できると言われています。
輸入されている天然ガスの3分の2が、火力発電所で電気をつくる為の燃料として使用されています。

――――限りある資源をどうやって効率よく使い、次世代に残していけるか、その創意工夫はわたしたちの課題であると感じました。(コミュニティレディchocoeriさん)

節電、節ガス、節水。
エネルギー資源の大切さを感じた勉強会でした。

~九州ガス・コミュニティレディ事務局(by ホワイトビーチ)~
08 : 40 : 09 | コミュニティレディ・レポート | コメント(0) | page top
<<ほのお君日記158 歓迎会 | ホーム | 恐竜展2013>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |