| ホーム |
読書11 幸福な生活
2013 / 08 / 19 ( Mon )
題名「幸福な生活」
著者 百田尚樹
読書11

短編集です。
人間の愚かさ、醜さ、浅はかさが、とことん表現されています。
それらを隠して上手に生活しているつもりが、各短編のラストの台詞で、それらが明らかになっていることを知ります。
痛烈だったり、物悲しくなったりする結末。

真実を知らない時には「幸福」だったはずなのに、実は「不幸せ」だったと知る。或いは、隠しきっていたはずの真実がこぼれ落ちていたと知らしめられる。
おそろしい小説です。

~九州ガス・コミュニティレディ(by ひまわり)~
12 : 55 : 41 | コミュニティレディのほっとカフェ | コメント(0) | page top
<<ラーメン(大氣圏) | ホーム | 読書10 彼女のこんだて帖>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |