| ホーム | 次のページ>>
読書17 ぼおるぺん 古事記
2013 / 09 / 29 ( Sun )
題名「ぼおるぺん 古事記」
著者 こうの史代(ふみよ)
読書17

(一)天の巻
(二)地の巻
(三)海の巻
から成ります。

古事記は712年に完成した日本最古の歴史書と言われています。

内容は神代から推古天皇の時代に至るまでの出来事。神話や伝説なども収録されています。
本書では、古事記を漫画で分かりやすく表現しています。

平成25年は、伊勢神宮で行われる20年に一度の式年遷宮と、出雲大社のおよそ60年ごとの大遷宮が重なりました。
このような年なので、神様の物語にも思いを寄せてみました。


~九州ガス・コミュニティレディ(by ひまわり)~
12 : 10 : 41 | コミュニティレディのほっとカフェ | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>